源氏物語の<語り>と<言説>

三谷邦明 編

「源氏物語の<語り>と<言説>」という主題は、源氏物語の<語り>を、注釈的な側面とは異なった地平で、微細な眼差しで把握することを意味しています。また、その微視的な視座から、巨視的な読みに混沌を与えることでもあります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 源氏物語の<語り>と<言説>-<垣間見>の文学史あるいは混沌を増殖する言説分析の可能性
  • 源氏物語第一部の<語り>と<言説>
  • 『源氏物語』第二部の<語り>と<言説>-若菜上下巻を中心に
  • 薫をめぐる<語り>の方法-宇治十帖の<語り>と<言説>
  • 研究史源氏物語の<語り>と<言説>
  • 偽の口承物語=無署名の書かれたテクスト-『竹取物語』と『無名草子』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の<語り>と<言説>
著作者等 三谷 邦明
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ カタリ ト ゲンセツ
シリーズ名 源氏物語 1
双書<物語学を拓く> 1
出版元 有精堂
刊行年月 1994.10
ページ数 212p
大きさ 22cm
ISBN 4640303297
NCID BN11440791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95010234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想