日本人のしつけと教育

東洋 著

多くの日米研究を手掛けてきた心理学的比較研究の第一人者による、発達心理学的日本人論。日本人とアメリカ人のものの考え方や感じ方の違いを浮き彫りにしながら、その原因になるしつけや数育の仕方、考え方の特色を探り、さらにそれらが文化的伝統をどう反映しているか、どういう社会に対する適応として形成されているかを追究する。実証的資料と経験的洞察をあわせ、心理、教育、道徳にわたって総合的に論じ、これからの社会での人のあり方をも示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日米比較の視座
  • 第1章 意欲の構造
  • 第2章 役割社会と受容的勤勉性
  • 第3章 内在モデルとしての「いい子」
  • 第4章 「気持ち」への関心
  • 第5章 滲み込み型のしつけと教育
  • 第6章 道徳意識と道徳的判断
  • 補章 日米母子研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人のしつけと教育
著作者等 東 洋
書名ヨミ ニホンジン ノ シツケ ト キョウイク
書名別名 発達の日米比較にもとづいて
シリーズ名 シリーズ人間の発達 12
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1994.10
ページ数 214, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4130131125
NCID BN1143860X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95014216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想