日本的市場経済システム : 強みと弱みの検証

鶴光太郎 著

日本経済のあり方は、はたして特殊なのだろうか。バブルが去り、日米構造協議等で市場の閉鎖性を指摘される今、企業と株主、債権者、労働者、政府、技術革新などとの関係から、最新理論を駆使してあらためて問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の市場経済システムをいかに捉えるか
  • 第1章 変わるコーポレート・ガバナンス-企業と株主との関係
  • 第2章 変わる企業金融-企業と債権者との関係
  • 第3章 変わる雇用システム-企業と労働者との関係
  • 第4章 変わる生産系列と流通システム-垂直的な企業間関係
  • 第5章 市場経済システムと技術革新-プロセス・イノベーション偏重の見直し
  • 第6章 変わる政府の役割-企業と政府との関係
  • 第7章 日本の市場経済システムの今後-マクロ的評価と変化の方向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的市場経済システム : 強みと弱みの検証
著作者等 鶴 光太郎
書名ヨミ ニホンテキ シジョウ ケイザイ システム
書名別名 Nihonteki shijo keizai shisutemu
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1994.10
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 4061492217
NCID BN11427884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想