宮沢賢治の青春 : "ただ一人の友"保阪嘉内をめぐって

菅原千恵子 著

宮沢賢治にとって文学的転回となった大正十年とは、じつに保阪嘉内との訣別の年であった。賢治自身、「ただ一人の友」と言い、「私が保阪嘉内、私が保阪嘉内、私を捨てるな」と悲痛なまでに言わせたこの友の存在こそが賢治の生涯を左右し、膨大な数の作品を書かせた決定的な原因であった。-長年温めてきた文学的モチーフを深化させ、賢治文学の<謎>を解く迫真の実証研究490枚。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 賢治と保阪嘉内の出会い
  • 第2章 友愛のステージ『アザリア』
  • 第3章 激しく揺れた手紙の青春
  • 第4章 訣別のあとで
  • 第5章 『春と修羅』の中に生きる保阪嘉内
  • 第6章 教師から農民へ
  • 第7章 晩年
  • 第8章 『銀河鉄道の夜』は誰のために書かれたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治の青春 : "ただ一人の友"保阪嘉内をめぐって
著作者等 菅原 千恵子
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ノ セイシュン
書名別名 Miyazawa kenji no seishun
出版元 宝島社
刊行年月 1994.8
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4796608397
NCID BN11423034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想