安楽死事件 : 模擬裁判を通してターミナルケアのあり方を問う

奥野善彦 編

医者に見放され、激痛の状態で放置される患者とその内縁の夫である被告人の、孤独、不安、絶望、こうした中で嘱託殺人は行なわれた。「雅代は幸せに死んでいきました…」北里地方裁判所で出される判決はいかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 実録・模擬裁判
  • 第2章 末期がん患者のおかれている状況
  • 第3章 模擬裁判を終えて
  • 第4章 なぜ模擬裁判か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安楽死事件 : 模擬裁判を通してターミナルケアのあり方を問う
著作者等 奥野 善彦
書名ヨミ アンラクシ ジケン
出版元 医学書院
刊行年月 1994.9
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 4260341626
NCID BN11421072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想