「新しい女」の到来 : 平塚らいてうと漱石

佐々木英昭 著

過剰としての平塚らいてう。死と神秘の世界を透視した"過剰"なる女の生に分け入り、そのフェミニズムの核心に触れるとともに、奇妙な心中未遂事件を通して彼女と接近遭遇した漱石の女性観・文学観の転変を解読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 情死劇調書-平塚らいてうと「煤煙事件」
  • 第2部 死界の太陽-見者平塚らいてう
  • 第3部 漱石文学の中のらいてう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「新しい女」の到来 : 平塚らいてうと漱石
著作者等 佐々木 英昭
書名ヨミ アタラシイ オンナ ノ トウライ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 1994.10
ページ数 363, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4815802432
NCID BN11420411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95016932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想