思想としての動物と植物

山下正男 著

抽象的で、一見難解な思想や哲学も、具体的なイメージをもとに構成されていると考えると、さまざまな解き口が見えてくる。本書では、動物と植物のイメージを鍵にして、古今東西の思想を考察し、思想とイメージとのかかわりあいを多彩なケースにわたって示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 動物と西欧思想(思想とイメージ
  • 角のある神と魔女
  • 羊イメージ群とキリスト教
  • 牛馬イメージと西ヨーロッパ世界
  • 馬から機械へ
  • 動物と革命思想)
  • 第2部 植物と哲学(農業段階の哲学
  • 植物と人間のアナロジー
  • 人間の歴史と植物イメージ
  • 哲学・宗教と植物イメージ
  • 宇宙における植物と人間の位置
  • エコロジーの思想史的意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての動物と植物
著作者等 山下 正男
書名ヨミ シソウ ト シテノ ドウブツ ト ショクブツ
出版元 八坂書房
刊行年月 1994.8
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 4896946472
NCID BN1141345X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想