御岳巡礼

青木保 [著]

御岳信仰は、日本人の精神と行動の基層にある超自然的信仰を代表するものである。文化人類学者としてタイ、スリランカ等の宗教と社会の実地調査を重ねてきた著者が、本書では御岳講の列に連なって「神おろし」と呼ばれる憑霊現象はじめ、登拝巡礼の実態を報告する。御岳教の教団史を辿り、古来この信仰がどのように守られてきたかをも考察、霊山信仰を通して<日本の神>の本質を明らかにした意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 神がおりる
  • 御岳へ
  • 登拝
  • 御岳信仰史のスケッチ
  • 巡礼のプロセス
  • 信仰活動
  • エピローグ 神と人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 御岳巡礼
著作者等 青木 保
書名ヨミ オンタケ ジュンレイ
書名別名 現代の神と人
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.10
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 4061591487
NCID BN11407220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95018427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想