製造物責任法の理論と実務

木川統一郎 編著

「製造物責任法」の立法論議に大きな影響を及ぼした研究グループの論文を収録。特に、訴訟法の立場から問題提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 民事訴訟法からみた製造物責任立法
  • 2 アメリカの製造物責任法の示唆-デザイン欠陥をめぐって
  • 3 イギリス製造物責任法における開発危険の抗弁
  • 4 製造物責任訴訟における主張・証明問題-最近のドイツの判例から眺めた証明責任と証明軽減
  • 5 アメリカ合衆国のADRからの示唆
  • 6 アメリカの教訓-悪質クレームとジャンク・サイエンスを中心に
  • 7 製造物責任は無過失責任か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 製造物責任法の理論と実務
著作者等 山田 卓生
木川 統一郎
書名ヨミ セイゾウブツ セキニンホウ ノ リロン ト ジツム
出版元 成文堂
刊行年月 1994.8
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4792322480
NCID BN11393206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想