風に吹かれて

五木寛之 著

「私はやはり基地を失ったジェット機でありたいと思う。港を持たぬヨット、故郷を失った根なし草でありたいと感じる」時代の風のなかにこそ青春があり、暮らしがあり、夢がある。風に吹かれて漂いつづける日々を、ホロ苦さを隠し味にしたユーモアとペーソスあふれる文章で綴る第一エッセイ。刊行以来四半世紀、世代を越えて読み継がれる永遠のベストセラーが、いま、再び時代を撃つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 赤線の街のニンフたち
  • おでん屋とテレビ局
  • 25メートルの砂漠
  • 歌はどこへ行ったか?
  • 横田瑞穂先生のこと
  • 先生商売に悔あり
  • 鮨とカメラと青年
  • 私たちの夜の大学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風に吹かれて
著作者等 五木 寛之
書名ヨミ カゼ ニ フカレテ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1970
版表示 改版
ページ数 276p 図版
大きさ 15cm
ISBN 4041294010
NCID BN11386211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75075636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想