名士と名妓 : 明治史の裏面

菊池武徳 著

著者別名: 菊池秋叟 (標題紙等)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 世外侯と二重丸子 / 3
  • 分銅田中の丸子 / 3
  • 清元若葉會創設 / 4
  • 若葉[會]の更生 / 6
  • 二代目野島家丸子 / 6
  • 井侯の貞操觀 / 9
  • 糸平の貞操觀 / 11
  • 現田中[家]の喜好會 / 11
  • 凌雲閣百美人 / 13
  • おつまに想はれた靑年 / 13
  • 共同井戶端の玉菊 / 17
  • 桂公の艶福と好事 / 19
  • 形見の越中褌 / 20
  • 加奈子夫人とおたまさん / 22
  • 心月のくもり / 23
  • お鯉と淺草の竺仙 / 25
  • 切下髪の逆襲 / 27
  • 津藤の位牌 / 28
  • 小村侯と小りう / 28
  • 池の端の今昔 / 31
  • 出世花吉 / 32
  • 殉死した歌代 / 34
  • 中洲の辰巳家 / 36
  • 吉三升と政治家 / 39
  • 政變の裏に女 / 40
  • 今樣猩々 / 43
  • 綾子と蜂龍との因緣 / 45
  • 會我廼家と洋行 / 46
  • すみ榮と繩張協定 / 47
  • 香浮園と梅屋敷 / 47
  • 加藤剛堂雪穩づめ / 50
  • 聯想される新話 / 52
  • ハルピンの桃子 / 53
  • 川上貞奴と不動尊 / 53
  • 舞臺惚れの喜劇 / 56
  • 臼井六郞の悲劇 / 57
  • 笑劇『惡錢』の筋書 / 57
  • 笑劇『歡悶』 / 60
  • 歡悶の脚本 / 60
  • 吉原の妓たち / 68
  • 尾崎紅葉の手紙 / 71
  • 賤のをだまき / 76
  • 喜代壽の逸話二三 / 78
  • 濱口の春一日 / 79
  • 筆蹟から見て / 82
  • 茶碗の味や松の宿 / 85
  • 紅艶の水垢離 / 86
  • 小さん稻葉殘ンの花吹雪 / 88
  • おあいと蜻蛉 / 93
  • この事山縣公にも / 95
  • 神明の大喧嘩 / 96
  • 朝鮮國王より金二萬圓也 / 98
  • 淸元オペラの試み / 101
  • 結緣野邊の色草 / 102
  • 演藝會の樂屋騒動 / 106
  • 燒芋代金三錢也 / 107
  • 鐘に恨のお迎坊主 / 108
  • 藤間政彌の破門 / 111
  • カイゼルと日本劇 / 114
  • グラント將軍歡迎 / 115
  • 常盤津五人組 / 116
  • 花柳壽美の曙會 / 117
  • 五人組の元祖 / 119
  • 名優と名妓 / 121
  • 菊五郞の種 / 121
  • 左團次とバケツの詫證文 / 123
  • 吉右衛門と勇肌の牡丹 / 125
  • 猿之助お袋の軟化策 / 127
  • 八百藏と電話の春龍 / 128
  • 蓉峰と結びの雷神 / 129
  • 河合の玉に瑕 / 131
  • これも時代の典型 / 131
  • 天利敎か平岡か / 133
  • 昔氣質の日本橋 / 134
  • 雜色いろ[イロ] / 139
  • 金は仇敵? / 140
  • 昔の言葉 / 142
  • 趣向の破れ / 143
  • 缺所の仕置 / 144
  • 古澤と小室 / 146
  • 箱屋へ祝儀 / 147
  • 小判で二十萬兩 / 149
  • 將來の選手 / 150
  • 岡崎翁を憶ふ / 151

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 名士と名妓 : 明治史の裏面
著作者等 菊池 武徳
書名ヨミ メイシ ト メイギ : メイジシ ノ リメン
書名別名 Meishi to meigi
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1937
ページ数 152p 図版
大きさ 20cm
NCID BN11383869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54005641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想