動物記  第8 (安住の動物)

シートン 著 ; 内山賢次 訳

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p3
  • 小ざかしいコヨーテ / p12
  • 草原犬とその同族 / p24
  • 愉快な「いぇく、いぇく」と悩ましいその一生 / p24
  • 岩のなかの笛吹ぎ栗鼠 / p27
  • 荷びき鼠とその博物館 / p28
  • 自由貿易者 / p30
  • 土地の隆起者--モグラ地鼠 / p31
  • 名高い毛皮着用者 / p34
  • 狐、貂、ビーヴァー、獺 / p34
  • 世界きっての美しい毛皮 / p35
  • 密猟者と銀狐 / p37
  • ビロード服の悪漢--貂 / p49
  • 勤勉なビーヴァー / p50
  • 獺とそのすべりこみ / p54
  • 角と、蹄と、快速の肢 / p57
  • 跳ねゆく黒尾 / p57
  • あらゆる鹿のうち最も高貴なエルク鹿またはワピティ大鹿 / p62
  • ムース鹿・あらゆる鹿のうち最大のもの / p76
  • サイレンの叫び / p78
  • わが最大の野獣--野牛Buffalo / p81
  • 衰運の羚羊と回照信号 / p84
  • 救われた大角羊 / p86
  • デヴィルズ・キチンの蝙蝠 / p89
  • 気だてのいいスカンク / p92
  • 銀鼠爺さん--貛 / p103
  • 勇敢で無害な貛 / p104
  • 彼の社交的の嗜好 / p107
  • 親切な貛の話 / p108
  • 栗鼠とぴくぴく尾の兄弟たち / p122
  • 臆面なしの松栗鼠 / p123
  • 縞栗鼠と地栗鼠 / p125
  • 馬杙のまねをする地栗鼠 / p126
  • ちゃん公と馬杙 / p128
  • 縞栗鼠 / p130
  • 縞栗鼠顔をする地栗鼠 / p130
  • 四つ足の鳥--北方の縞栗鼠 / p132
  • 縞のおちびさん--小柄縞栗鼠 / p135
  • 兎とその習性 / p136
  • ふかふか綿尾兎--賢い「凍り屋」 / p137
  • 雪靴をはいた兎 / p140
  • 狭軌の螺馬--草原野兎 / p150
  • きいきい叫ぶ苔の塊 / p151
  • キャンプ・ファイヤの幽霊 / p157
  • 跳ね鼠 / p159
  • 呼び鼠 / p161
  • こっそり猫--大小とりどりの / p163
  • ボブキャトまたは山野猫 / p164
  • 誤解--カナダ大山猫 / p165
  • 森随一の臆病者--山獅子・ピューマまたはクーガー / p167
  • わたしが獅子に会った時 / p169
  • わたしの一生の危険 / p172
  • 高級の熊と下級の熊 / p177
  • さまざまの熊の種類 / p178
  • 熊の木 / p179
  • 熊の家庭生活をのぞく / p180
  • 屑山の一日 / p184
  • さびしいジョンニー / p186
  • 禁猟区のそれ以後の記録 / p186
  • 灰色熊と鑵 / p191
  • あとがき / p194

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 動物記
著作者等 Seton, Ernest Thompson
内山 賢次
シートン
書名ヨミ ドウブツキ
書名別名 Dobutsuki
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 第8 (安住の動物)
出版元 角川書店
刊行年月 1959
ページ数 195p
大きさ 15cm
NCID BN1137828X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52001369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想