ここまで来た「あの世」の科学 : 魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する

天外伺朗 著

宗教的で神秘的な響きを持つ言葉-「あの世」。ところが、いまや最先端科学の側から「あの世」という概念が提出されている。「神」の正体、そして宇宙と生命の謎を明かす衝撃の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学と宗教の熾烈な闘い
  • 第2章 「宗教的宇宙観」の逆転勝利
  • 第3章 もうひとつの目に見えない宇宙
  • 第4章 カウンター・カルチャーの遺産
  • 第5章 「あの世」を示唆する「超ひも理論」
  • 第6章 「あの世」の仮説
  • 第7章 死後の世界
  • 第8章 「無意識」は神の化身か?
  • 第9章 「悟り」に向かって進化する「魂」
  • 第10章 宇宙はひとつの生命体なのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまで来た「あの世」の科学 : 魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する
著作者等 天外 伺朗
書名ヨミ ココマデ キタ アノヨ ノ カガク
シリーズ名 Non book
出版元 祥伝社
刊行年月 1994.9
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 4396103549
NCID BN11368377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95003392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想