日常語の精神医学

土居健郎 著

わが国の精神分析の第一人者として一貫してきた著者初の論文集。「甘え」をはじめとし、日本語の日常語に着目し、精神病理の深い意味についての鋭い考察が散りばめられ、その論理的深まりをクロノジカルに知ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神分析批判の反批判
  • 神経質の精神病理-特に「とらわれ」の精神力学について
  • 「自分」と「甘え」の精神病理
  • ナルチシズムの理論と自己の表象
  • 「すまない」と「いけない」-超自我についての考察
  • 神経症の日本的特性
  • 精神分裂病の精神力学
  • うつ病の精神力学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日常語の精神医学
著作者等 土居 健郎
書名ヨミ ニチジョウゴ ノ セイシン イガク
書名別名 Nichijogo no seishin igaku
出版元 医学書院
刊行年月 1994.9
ページ数 393p
大きさ 21cm
ISBN 4260117904
NCID BN11367228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想