創造的進化

ベルグソン 著 ; 吉岡修一郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者の言葉 / 1
  • 凡例 / 3
  • 序言 / 9
  • 第一章 生命の進化について 機械性と目的性
  • 持續一般について。無機の物體。有機の物體:老いと個體性。 / 18
  • 變遷説とそれを説明する仕方とについて。徹底的機械論:生物學と物理化學。徹底的目的論:生物學と哲學。 / 46
  • 準度の探求。或る具體的實例に關する種々の變遷説的理論の吟味。ダーウィンと眼に見えないほどの變異。ド・フリースと突然變異。アイメルと進化直進説。新ラマルク主義者と獲得質の遺傳。 / 84
  • エラン・ヴィタール。 / 126
  • 第二章 生命進化の發散的諸方向 無感覺・知性・本能
  • 進化過程の一般的觀念。成長。發散的且つ相補的な諸傾向。進歩及び適應の意味。 / 138
  • 動物と植物との關係。動物的生命の圖式。動物性の發展。 / 147
  • 生命進化の大きな諸方向:無感覺、知性、本能。 / 181
  • 知性の原始的機能。 / 201
  • 本能の性質。 / 218
  • 生命と意識。自然界における人間の目立つた地位 / 231
  • 第三章 生命の意味について 自然の秩序と知性の形式
  • 生命の問題と知識の問題との關係。哲學的方法。提言された方法の見かけ上の循環論。逆の方法の本當の循環論。 / 243
  • 物質と知性との同時發生の可能性について。物質に内屬する幾何學。知性の本質的機能。 / 260
  • 無秩序といふ觀念の分析に基づく知識論のスケッチ。秩序の二つの反對な形式:類の問題と法則の問題。無秩序と二つの秩序。 / 284
  • 創造と進化。物質界。生命の起源と目標とについて。生命過程と進化運動とにおける本質的なものと偶然的なもの。人類。物體の生命と精神の生命。 / 305
  • 第四章 思考のシネマ的機構と機械論の錯誤 體系の歴史への瞥見 現實的生成と進化主義的誤謬
  • 無及び不變性の觀念の分析に基づく體系批判のスケッチ。存在と無。 / 346
  • 生成と形相。 / 379
  • 形相の哲學とその生成觀念。プラトンとアリストテレース。知性の自然な坂。 / 397
  • 近代科學のいふ生成。時間に對する二つの觀點。 / 416
  • 近代科學の形而上學。デカルト、スピノーザ、ライプニッツ。 / 436
  • カントの批判。 / 449
  • スペンサーの進化主義。 / 457

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 創造的進化
著作者等 Bergson, Henri
吉岡 修一郎
ベルグソン
書名ヨミ ソウゾウテキ シンカ
書名別名 Sozoteki shinka
出版元 第一書房
刊行年月 昭和19
ページ数 465p
大きさ 19cm
NCID BN11362610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46001947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想