幕末の天皇

藤田覚 著

近代天皇制は、十八世紀末から八十年間にわたる、朝廷の"闘い"のドラマから生まれた。神事や儀礼の再興、復古を通して、朝権を強化した光格天皇。その遺志を継ぎ、尊皇攘夷のエネルギーを結集した孝明天皇。幕末政治史の表舞台に躍り出た二人の天皇の、薄氷を踏むような危うい試みを描き、「江戸時代の天皇の枠組み」を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸時代の天皇
  • 第2章 光格天皇の登場
  • 第3章 天皇権威の強化策
  • 第4章 鎖国攘夷主義の天皇
  • 第5章 江戸時代最後の天皇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末の天皇
著作者等 藤田 覚
書名ヨミ バクマツ ノ テンノウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 26
出版元 講談社
刊行年月 1994.9
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4062580268
NCID BN11358023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95000572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想