がん治療「常識」のウソ

近藤誠 著

[目次]

  • 1 がんの治療法は国によって異なる
  • 2 治療法の選択は医者の個人的好みだ
  • 3 生存率は低いほど信頼できる
  • 4 がん手術による死亡が今後ふえる
  • 5 放射線治療を最初に選ぶメリット
  • 6 いいかげんな抗がん剤治療が横行している
  • 7 「がん」か「良性」か、誤診がとても多い
  • 8 がん検診は非科学的で疑問だらけ
  • 9 検診で見つかる早期がんは「がんもどき」だ
  • 10 延命治療では「延命」できない
  • 11 がんで安楽死や尊厳死を論じる必要はない
  • 12 科学を装う日本のクジ引き人体実験
  • 13 民間療法にはやはり副作用が多い
  • 14 病名を知らせないのは医者自身のため
  • 15 「半数は治る」はあまりに楽観的すぎる
  • 16 専門家とマスコミで「がん撲滅」デマ
  • 17 どのように治療法を選べばよいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がん治療「常識」のウソ
著作者等 近藤 誠
書名ヨミ ガン チリョウ ジョウシキ ノ ウソ
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1994.6
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4022567457
NCID BN11357042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94053409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想