田中角栄の遺言 : 官僚栄えて国滅ぶ

小室直樹 著

[目次]

  • プロローグ 誤解だらけのデモクラシー理解
  • 第1章 なぜ、田中角栄が偉大か-彼だけが、デモクラシー政治家である理由
  • 第2章 官僚は、どう操縦するのか-角栄は、彼らを「生きたコンピュータ」と評した
  • 第3章 はたして金権政治は"悪"か-デモクラシーは膨大なコストをかけて購うもの
  • 第4章 政治家の「徳」とは何か-「運命を下僕にする力」こそ為政者の要件
  • 第5章 デモクラシーとは何か-はたして「国民主権」が守られているか
  • 第6章 暗黒裁判だった角栄裁判-江戸時代のままの日本人の法意識こそ問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田中角栄の遺言 : 官僚栄えて国滅ぶ
著作者等 小室 直樹
書名ヨミ タナカ カクエイ ノ ユイゴン
シリーズ名 Crest
出版元 クレスト社
刊行年月 1994.6
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 4877120157
NCID BN11345247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想