近代日本の軌跡  3

井口 和起【編】

20世紀の幕開けをはさんで勃発した日清・日露戦争。国内には軍国化の波が押し寄せ、全世界は世界大戦と革命の時代へとむかっていく。この二つの戦争の時代を、国際関係や国内政治、民衆生活・思想の側面から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「大日本帝国」の形成
  • 2 不平等条約からの脱却
  • 3 日清戦争
  • 4 日露戦争
  • 5 日英同盟論
  • 6 日清・日露戦争と農村社会
  • 7 近代都市の形成
  • 8 国民教育の展開
  • 9 韓国併合
  • 10 日本人の国際政治観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の軌跡
著作者等 井口 和起
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ キセキ
書名別名 日清・日露戦争

Kindai nihon no kiseki
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.10
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4642074376
NCID BN11334615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95010983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
日清・日露戦争 井口 和起
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想