明治の犯科帳

小泉輝三朗 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / p9
  • 明治という時代と犯罪 / p11
  • 明治犯罪エピソード / p14
  • 爆弾使用の初の犯罪 / p14
  • 明治政界の黒い霧 / p15
  • 生きていた岡っ引き / p16
  • 暗殺者のエチケット / p17
  • 相次ぐ全裸殺人事件 / p18
  • 初年は重刑、末年は軽罪 / p19
  • 維新直後の犯罪 / p22
  • はじめに / p22
  • 士族残酷物語 / p24
  • 血税騒動 / p31
  • 地巻制度への驚き / p36
  • 姦通の罪 / p42
  • 借金の証文 / p49
  • 拷問と断罪 / p54
  • 明治の著名な犯罪 / p60
  • 藤田組贋札事件 / p60
  • 臼井六郎の仇討 / p72
  • 杉戸楼の七人斬り / p78
  • 東北人の抵抗・福島事件 / p81
  • 加波山事件 / p97
  • 最後の陰謀・大阪事件 / p108
  • 酔っぱらいの清国水兵暴行事件 / p119
  • 吹っ飛んだ大隈外相の片脚 / p125
  • 迷宮入りのラージ殺し / p129
  • 怪火で議事堂まる焼け / p131
  • 司法権の独立・大律事件 / p138
  • 明治のお家騒動・相馬事件 / p145
  • 独立の志士金玉均の暗殺 / p153
  • 李鴻章狙撃事件 / p160
  • インチキ水道鉄管事件 / p165
  • お茶の水おこの殺し / p170
  • 剣道の達人の殺人事件 / p172
  • 足尾鉱毒事件 / p176
  • 星亨の暗殺 / p186
  • 教科書事件が曝露した教育界の伏魔殿 / p191
  • 人肉スープ事件 / p197
  • ロシアのスパイ / p204
  • 日比谷の焼打ち事件 / p206
  • 女湯のぞきの出歯亀事件 / p214
  • 電車賃値上げ反対 / p215
  • 掏摸の大検挙 / p217
  • 砂糖にむらがる政界の蟻 / p225
  • 大逆事件 / p228
  • 伊藤博文暗殺事件 / p233
  • 二本榎の惨劇 / p236
  • 福沢篭太郎恐喝事件 / p238
  • おつや殺し / p240
  • 外国紙幣偽造事件 / p243
  • 一生放火男の話 / p244

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治の犯科帳
著作者等 小泉 輝三朗
書名ヨミ メイジ ノ ハンカチョウ
書名別名 Meiji no hankacho
出版元 人物往来社
刊行年月 1967
ページ数 246p
大きさ 19cm
NCID BN11331366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68000285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想