社会主義とは何だったか

塩川伸明 著

社会主義が終って、虚脱感のとれない人、立ち直りの早い人、未練の残っている人すべてに贈る、思索のための苦い良薬。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会主義-私的総括
  • 2 日本における(旧)ソ連・東欧研究の反省
  • 3 ペレストロイカの転機と社会主義改革論の再考
  • 4 社会主義の運命
  • 5 社会主義改革論の挫折-経済学者への問いかけ
  • 6 社会と主体-ある討論の記録
  • 7 社会科学と思想
  • 8 転向論再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会主義とは何だったか
著作者等 塩川 伸明
書名ヨミ シャカイ シュギ トワ ナンダッタカ
出版元 勁草書房
刊行年月 1994.9
ページ数 272, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4326351004
NCID BN11323914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95000622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想