クレオパトラ : 古代エジプト最後の女王

エディット・フラマリオン 著 ; 高野優 訳

本書の特徴は、ローマ側の資料だけとか、アンチ・クレオパトラ側だけに立っているとか、また、その反対とかいった偏向した方法を取らず、今までのクレオパトラ関係の資料の全てを集め、それを冷静に判断し書いている点にある。言ってみれば、クレオパトラ総集編、または究極のクレオパトラ論のようなものであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 灯台のある街、アレクサンドリア
  • 第2章 18歳の女王
  • 第3章 東方世界の支配者
  • 第4章 両雄の対決
  • 第5章 死をともにする会
  • 第6章 新しいファラオの国
  • 資料篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クレオパトラ : 古代エジプト最後の女王
著作者等 Flamarion, Edith
吉村 作治
高野 優
フラマリオン エディット
書名ヨミ クレオパトラ
書名別名 Cléopâtre:vie et mort d'un pharaon

Kureopatora
シリーズ名 「知の再発見」双書 40
出版元 創元社
刊行年月 1994.9
ページ数 178p
大きさ 18cm
ISBN 4422210904
NCID BN11320450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95006619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想