ソ連とは何だったか

塩川伸明 著

「虚偽で塗りこめられた圧政の体制」は、なぜ70余年も続いたか。生身の人間が作った、矛盾に満ちた国の当り前の現実。社会主義は否定的に、ソ連は肯定的に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 旧ソ連社会のとらえ方-二層認識から四層認識へ
  • 2 今日におけるスターリニズム研究の意味
  • 3 社会主義と全体主義
  • 4 「歴史における必然性」再考-ペレストロイカの終焉とソ連の解体をめぐって
  • 5 ペレストロイカの後に-脱社会主義の困難な道
  • 6 現代ロシアにおける「民主主義」と「権威主義」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連とは何だったか
著作者等 塩川 伸明
書名ヨミ ソレン トワ ナンダッタカ
出版元 勁草書房
刊行年月 1994.9
ページ数 250, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4326351012
NCID BN1130874X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95000568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想