評伝徳富蘇峰 : 近代日本の光と影

ビン・シン 著 ; 杉原志啓 訳

『近世日本国民史』全百巻を含む約三百冊もの著書を残し、『国民新聞』主筆として活躍した「近代日本の怪物」・徳富蘇峰。帝国日本の「嚮導者」とよばれたその生涯は、近代日本が直面した命運とぴったりと「癒合」していた。人種の対決を契機とした世界戦争を予見し、西洋列強との全面戦争へと世論を導き、アジア諸国に日本への黙従を鼓吹した「実際政治の脚本家」の実像に肉薄した快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 若き日々(蘇峰の青少年時代
  • 蘇峰の初期の思想)
  • 第2章 蘇峰の膨脹主義理論(吉田松陰と膨脹主義
  • 蘇峰の膨脹理論
  • 蘇峰と転向の問題)
  • 第3章 帝国主義論者としての活動-一八九六‐一九一三(世界漫遊
  • 政治の実世界
  • 人種的観点から見た世界闘争)
  • 第4章 『近世日本国民史』の叙述(成立の背景
  • 動機とモデル
  • 『国民史』の意義)
  • 第5章 「大東亜戦争」と蘇峰-一九一四‐一九四五(議院政治の拒絶
  • 大正時代
  • 明治維新の継続としての「大東亜戦争」
  • 「大東亜戦争」での蘇峰)
  • 第6章 敗戦後の蘇峰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝徳富蘇峰 : 近代日本の光と影
著作者等 Vinh Sinh
杉原 志啓
ビン シン
書名ヨミ ヒョウデン トクトミ ソホウ
書名別名 Tokutomi Sohô

Hyoden tokutomi soho
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.7
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 4000015168
NCID BN11307011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95000586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想