戦後科学技術の社会史

中山茂, 吉岡斉 編著

焼け跡から国際化まで「民主導」50年の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 占領期(戦時科学技術の解体
  • 『コンプトン・レポート』に見る日本の戦時研究体制
  • 原爆調査1-その意味
  • 原爆調査2-その限界
  • サイクロトロン破壊 ほか)
  • 2 1950年代(トランジスタ研究の曙
  • 共同利用研究所の発足
  • 形成されなかった兵器産業の「官産複合体」
  • 原子力研究・開発のスタート
  • ビキニ被災事件と放射能調査 ほか)
  • 3 1960年代(『暮しの手帖』と商品テスト
  • 資本自由化への危機意識
  • マンパワー計画の破綻
  • 「中研ブーム」の問題点
  • コンピュータ産業の健闘-通産省の保護育成策 ほか)
  • 4 1970年代(反公害運動が変えた政策施行の流れ
  • 三大薬害はなぜ起こったか
  • 科学技術神話の崩壊
  • 環境アセスメントの定着
  • 公害・環境報道の担い手たち ほか)
  • 5 1980年代(日米の軍事技術供与にみる安保優先の姿勢
  • ハイテク医療の功罪
  • 情報化の社会的影響
  • 知的所有権をめぐる試行錯誤
  • 高温超電導体の発見 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後科学技術の社会史
著作者等 中山 茂
吉岡 斉
書名ヨミ センゴ カガク ギジュツ ノ シャカイシ
書名別名 Sengo kagaku gijutsu no shakaishi
シリーズ名 朝日選書 511
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1994.9
ページ数 360p
大きさ 19cm
ISBN 4022596112
NCID BN1130033X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95007014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想