道具としての微分方程式 : 「みようみまね」で使ってみよう

斎藤恭一 著

とかくむずかしいと敬遠されがちな微分方程式ですが、最初に全部を理解してから進もうとするのではなく、とにかく本書で著者のまねをして方程式をつくり、展開してみてください。やがて、現実の現象をどうしたら方程式にのせることができるか、式の解き方も含めて、自然にわかってきます。すると、新しい視野が得られます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 フラックスから始めよう
  • 第2話 入りたまご消して出る
  • 第3話 サイコロキャラメルと千歳飴と飴玉
  • 第4話 ハイパーボリック・コサインをもっと大切に
  • 第5話 触媒いろいろ
  • 第6話 「○○なに、突然□□」ストーリー
  • 第7話 浄水器がこわれるとき
  • 第8話 「岩肌の塩をも溶かす流れかな」芭塩
  • 第9話 どろんこ落としたし、麦茶飲みたし
  • 第10話 マヘモ美しきアナロジー
  • 第11話 ジワジワ現象の算術のおさらい
  • 第12話 おまけのスイカ冷やし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道具としての微分方程式 : 「みようみまね」で使ってみよう
著作者等 吉田 剛
斎藤 恭一
書名ヨミ ドウグ ト シテノ ビブン ホウテイシキ
書名別名 Dogu to shiteno bibun hoteishiki
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.9
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4062570378
NCID BN11294215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95003851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想