追われゆく坑夫たち

上野英信 著

戦後日本には「貧困」があった。地の底の炭坑では人間が石炭を掘っていた-石炭から石油へのエネルギー転換の時代を背景に、日本資本主義を最底辺で支えた筑豊の中小炭坑の悲惨な実態を暴いた。1960年8月初版の本書は、怠惰と飽食の時代を痛撃しつづける戦後ルポルタージュの古典である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 下罪人
  • 2 追われ流れて
  • 3 底幽霊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 追われゆく坑夫たち
著作者等 上野 英信
書名ヨミ オワレユク コウフタチ
シリーズ名 同時代ライブラリー 197
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.9
ページ数 233p
大きさ 16cm
ISBN 4002601978
NCID BN11293664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想