デューラー<メレンコリアⅠ> : 解釈の迷宮

ハルトムート・ベーメ 著 ; 加藤淳夫 訳

デューラーの銅版画の最高峰に位置付けられる《メレンコリア1》。そこに描き込まれた事物-有翼の人物、眠る犬、魔法陣、虹と海へ落ちていく彗星、コンパス、鍵束、砂時計。それらはあまたの意味付けを重ねる解釈の迷宮をなしてきた。象徴と意味との固定した関係を混沌へと投げ込む、画家の目論見を読みとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有翼のメランコリア
  • 第2章 眼と視線
  • 第3章 人相学的表現と葉冠と蝙蝠
  • 第4章 プットー
  • 第5章 無秩序
  • 第6章 諸道具と菱面体
  • 第7章 時間と数
  • 第8章 幾何学のタイプとメランコリーのタイプ
  • 第9章 建築物と梯子
  • 第10章 彗星と虹、海と陸
  • 第11章 解釈の問題-方法論的前置き
  • 第12章 伝記上の背景
  • 第13章 ネッテスハイムのアグリッパ
  • 第14章 マルシリオ・フィチーノと《メレンコリア1》の哲学的意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デューラー<メレンコリアⅠ> : 解釈の迷宮
著作者等 Böhme, Hartmut
加藤 淳夫
Bohme Hartmut
ベーメ ハルトムート
書名ヨミ デューラー メレンコリア イチ
書名別名 Albrecht Dürer, Melencolia Ⅰ im Labyrinth der Deutung
シリーズ名 作品とコンテクスト
出版元 三元社
刊行年月 1994.7
ページ数 163p
大きさ 19cm
ISBN 4883030229
NCID BN11292366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94070480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想