ハプスブルクの君主像

大原まゆみ 著

対抗宗教改革の時代。ハプスブルク家の小さなエピソード「ルードルフと司祭」は、カトリック信仰のシンボルとなって様々に変容していく。そして、フェルメール『信仰の寓意』のカーテンに描きこまれたルードルフ一世。その意図はなにか。「寓意」とは…。社会的コンテクストのなかで図像を読み解く刺激的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 敬虔なる始祖-「ルードルフと司祭」伝承の成立と十六世紀までのその展開
  • 第2章 理想的カトリック君主-対抗宗教改革期における伝承の変容
  • 第3章 祝祭と演劇の中の「ルードルフと司祭」
  • 第4章 伝統と創意-スペイン領ネーデルラントを中心とする十七世紀の作例
  • 第5章 ルードルフに倣いて
  • 第6章 皇帝家礼賛-中欧のバロック美術
  • 第7章 フェルメールの『信仰の寓意』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハプスブルクの君主像
著作者等 大原 まゆみ
書名ヨミ ハプスブルク ノ クンシュゾウ
書名別名 始祖ルードルフの聖体信仰と美術

Hapusuburuku no kunshuzo
シリーズ名 講談社選書メチエ 27
出版元 講談社
刊行年月 1994.9
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062580276
NCID BN11289565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95001046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想