Biomodulation : 癌薬物療法の新たな展開

塚越茂 ほか編著

癌治療は外科療法、放射線療法、化学療法の三大治療法に分けられる。近年化学療法は、免疫療法の登場とともに、またほかの生物学的治療もあわせて薬物療法のなかに含めていわれるようになった。本書のタイトルである「Biomodulation-癌薬物療法の新たな展開-」の意味するところは、本書の三大テーマであるbiochemical modulation, biological modulation, biogenetical modulationの示すように、広く生物学的調節といえよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 5‐FUのRNA障害およびチミジル酸合成酵素阻害の増強(UFT(ウラシルによるテガフールの効果増強)
  • メトトレキサート・5‐FU時間差投与療法
  • ロイコボリンによる5‐FUの効果増強 ほか)
  • 耐性克服と膜作用物質(カルシウム拮抗薬、シクロスポリンおよびキノリン化合物
  • ジピリダモール
  • イソプレノイド
  • セファランチン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Biomodulation : 癌薬物療法の新たな展開
著作者等 塚越 茂
太田 和雄
佐々木 常雄
赤沢 修吾
新津 洋司郎
出版元 先端医学社
刊行年月 1994.9
ページ数 250p
大きさ 27cm
ISBN 4915892123
NCID BN11282249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95002335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想