話すということ(ドラマ) : 朗読源論への試み

竹内敏晴 著

[目次]

  • ことばとからだ
  • すべては話すことから始まる-ことばに触れること
  • マザー・グースのうた-くたばれ句読点
  • イメージの喚起力-教科書の文章
  • 詩のはじまり-ことばにふれる・ひとにふれる
  • 話しかけるということ-「三人姉妹」イリーナのせりふ
  • 通りゃんせ-話しかけること・歌いかけること
  • 深く生き生きとすること
  • 本から目を離すのがこわい
  • 訓練のプロセス-呼吸から朗読の手がかりまで
  • 表現ということ
  • 教科書「にほんご」の新しい試み-しゃべり派へうごき派からのラブレター

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 話すということ(ドラマ) : 朗読源論への試み
著作者等 竹内 敏晴
書名ヨミ ハナス ト ユウ コト ドラマ
書名別名 Hanasu to yu koto dorama
シリーズ名 現代教育101選 54
出版元 国土社
刊行年月 1994.8
ページ数 257p
大きさ 20cm
ISBN 4337659544
NCID BN11276916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想