日本の音 : 世界のなかの日本音楽

小泉文夫 著

「日本音楽は世界のなかで孤立した特殊な音楽ではない…」日本音楽を民族音楽の一つとしてとらえ、その普遍的な表現力や特殊性を明らかにし、日本楽器の源流、そして古典邦楽から現代邦楽の世界へといざなう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界のなかの日本音楽
  • 日本音楽の今日と明日
  • 日本文化のなかの伝統音楽
  • アジアのなかの東洋と西洋
  • 日本の音-伝統音楽への入門(正月の芸能と民俗音楽
  • 雅楽
  • 仏教音楽
  • 琵琶楽
  • 能・狂言
  • 尺八とその音楽
  • 箏曲と三曲合奏
  • 三味線音楽
  • 大衆の邦楽
  • 現代邦楽)
  • 日本音楽の基礎理論(音素材
  • 音組織
  • リズムと楽式)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の音 : 世界のなかの日本音楽
著作者等 小泉 文夫
書名ヨミ ニホン ノ オト
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1994.9
ページ数 363p
大きさ 16cm
ISBN 4582760716
NCID BN11272529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95024950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想