計算幾何学・離散幾何学

David Avis ほか著

本書は、読者の皆さんに、計算幾何学と呼ばれるコンピュータサイエンスの比較的新しい分野と、それに比べるといくらか古い数学の分野である離散幾何学とを紹介するものです。その意図は、数学の理論と、効率のよい幾何学的アルゴリズムの設計・解析との相互作用を明らかにすることです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序-2つの幾何学
  • 2 直径と凸包
  • 3 最遠点対と行列の最大値問題
  • 4 交わり
  • 5 幾何学的列挙
  • 6 線形計画法に対する十字法の有限停止性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計算幾何学・離散幾何学
著作者等 Avis, David
今井 浩
松永 信介
エイビス デイビッド
書名ヨミ ケイサン キカガク リサン キカガク
書名別名 Keisan kikagaku risan kikagaku
シリーズ名 入門有限・離散の数学 4
出版元 朝倉書店
刊行年月 1994.9
ページ数 136p
大きさ 21cm
ISBN 4254114222
NCID BN11268452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95000824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想