近代経済学の誕生

根井雅弘 著

古典学派やマルクス経済学に対する近代経済学の特色は、経済現象を他の社会現象と切り離して考察することによって、その科学性を保証しようとしたところにあった。近代経済学が社会科学として自らを形成する課程を、マーシャルを中心に、ジェボンズ、ワルラス、シュムペーター、そしてケインズの諸理論との比較検討によって描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古典派への反逆とその継承
  • 第2部 社会主義への憧憬と反発
  • 第3部 権威への反逆と執着

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代経済学の誕生
著作者等 根井 雅弘
書名ヨミ キンダイ ケイザイガク ノ タンジョウ
書名別名 Kindai keizaigaku no tanjo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.9
ページ数 260, 3p
大きさ 15cm
ISBN 4480081542
NCID BN11259881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95009679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想