サルの行動発達

南徹弘 著

本書は、比較行動学の基本的な考え方をふまえてなされたサル類の行動発達についてまとめたものであり、また各発達段階における性差と性差発達についても述べている。遺伝的に決定される性の違いが行動発達の中でどのようにあらわれるか、そのような行動の違いが母子関係・仲間関係の中にどのように反映するのか、また性の違いがかれらの生涯発達にいかなる影響を及ぼすか、といったことを、本書をまとめる上での、いわば「縦糸」と考えてきた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 霊長類の行動研究
  • 第2章 行動発達と母子関係
  • 第3章 母子隔離と母子関係
  • 第4章 接触期の母子関係
  • 第5章 分離期の母子関係
  • 第6章 遊び行動と仲間関係
  • 第7章 性成熟と老化
  • 第8章 エピローグ-ヒトと人間の間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サルの行動発達
著作者等 南 徹弘
書名ヨミ サル ノ コウドウ ハッタツ
シリーズ名 シリーズ人間の発達 10
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1994.9
ページ数 233, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4130131109
NCID BN11257489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95006926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想