イルカと話す日

ジョン・C.リリー 著 ; 神谷敏郎, 尾沢和幸 共訳

[目次]

  • イルカに関する新学説の展開
  • 実験で得られた新学説
  • クジラ類との異種間コミュニケーションに必要な諸科学
  • クジラ類(イルカ、クジラ)とは何か?
  • なぜ体の小さな動物は大型の脳を持たないのか?
  • 音声によるコミュニケーション-クジラ類と人間の場合
  • 音声を使わない類人猿とのコミュニケーション-ヤヌス計画を通じてのイルカとの音声コミュニケーション-音声による操作
  • 科学的観察者の進歩と社会の進歩-そしてその社会を律する法律
  • 現行法とクジラ類に関する基本的な前提
  • 生態系の一員としての自覚を持った科学的観察者〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イルカと話す日
著作者等 Lilly, John C
Lilly, John Cunningham
尾沢 和幸
神谷 敏郎
Lilly John C.
リリー ジョン・C.
書名ヨミ イルカ ト ハナス ヒ
書名別名 Communication between man and dolphin

Iruka to hanasu hi
出版元 NTT
刊行年月 1994.7
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4871883191
NCID BN11251959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94067156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想