資本自由化は株式投資にどう影響するか

熊取谷武 編

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 1 自由化への動き
  • 一 自由化とは / p3
  • 貿易の自由化とは / p4
  • 為替の自由化とは / p6
  • 資本取引の自由化とは / p8
  • 二 なぜ自由化が必要とされるか / p10
  • 古典的自由化とちがう / p15
  • 三年間のクッション / p16
  • 積極的なプラス面を / p17
  • 2 西欧の自由化はどう進められているか
  • 一 西欧の自由化の背景 / p20
  • わが国の自由化とのちがい / p20
  • 共同市場が推進力 / p22
  • 国際通貨基金も大きな役割 / p24
  • 二 西欧の自由化はどの程度進んでいるか / p25
  • 主要国の自由化は進む / p25
  • よくなってきたイタリー、オランダの自由化 / p26
  • 三 西欧の企業提携と資本交流 / p28
  • 技術提携から株式取得へ / p28
  • 欧州大陸をまたにかける株式 / p29
  • 一役買う国際投資信託 / p31
  • 四 アメリカにおける西欧株式の流通 / p33
  • アメリカで株式を売買するには / p33
  • ADRがもついろいろな効果 / p34
  • むずかしい取引所上場 / p37
  • 五 西欧は自由化をどう思う / p39
  • 自由化に高姿勢の西欧企業 / p39
  • 外資に神経質になるな / p40
  • 3 自由化と金融市場
  • 一 金融政策はどう変わるか / p42
  • 重要になる金融政策の役割 / p42
  • キメの細かい政策が必要 / p44
  • 二 〝金融の正常化〟は進められるか / p48
  • 自由化と〝金融の正常化〟 / p48
  • 金利水準はどうなるか / p51
  • ホット・マネーははいってくるか / p55
  • 三 自由化とデノミネーション / p57
  • 自由化と為替レート / p59
  • 4 自由化と企業経営への影響
  • 一 貿易・為替の自由化と企業経営 / p61
  • 二 企業資本充実の必要性 / p67
  • 三 外資導入と経営権の防衛 / p73
  • 四 企業の体質改善と株式の時価発行 / p76
  • 5 自由化の産業界への影響
  • 一 自由化はどのように行なわれるか / p82
  • 政府の自由化措置 / p82
  • 今後の自由化テンポ / p84
  • 無視できない国際情勢 / p86
  • 二 自由化で産業界はどんな影響をうけるか / p88
  • FA制の功罪 / p88
  • 貿易自由化の必要性 / p89
  • 影響検討のポイント / p90
  • 三 自由化で産業構造はどう変わるか / p92
  • 産業構造は輸出産業化 / p92
  • 自由化と重化学工業化 / p93
  • 経済基調の変化と産業構造 / p94
  • 四 業種別にみた自由化の影響 / p95
  • 6 自由化と証券市場
  • 一 どういう形で外資がはいってくるか / p124
  • 〝東洋の魅惑〟日本の株式 / p124
  • 外債発行は可能 / p128
  • 二 株式取引や証券会社の経営はどう変わるか / p130
  • 株式取引におこる変化 / p130
  • 証券会社の経営はどうなる / p132
  • 三 株式相場はどうなる / p133
  • 考え方の問題 / p133
  • 自由化と景気と株価 / p134
  • 自由化と経済成長と株価 / p135
  • 産業界への影響を通じて / p137
  • 資本取引の自由化と株式市場 / p138
  • 7 自由化と株式投資
  • 一 国際株の考え方 / p142
  • 二 三つの基準から / p146
  • 三 注意したい諸点 / p150
  • 四 自由化に強い株、弱い株 / p152

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 資本自由化は株式投資にどう影響するか
著作者等 熊取谷 武
書名ヨミ シホン ジユウカ ワ カブシキ トウシ ニ ドウ エイキョウスルカ
書名別名 Shihon jiyuka wa kabushiki toshi ni do eikyosuruka
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1960
ページ数 155p
大きさ 19cm
NCID BN11238983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60008985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想