危険は予測できるか! : 化学物質の毒性とヒューマンリスク

J.V.ロドリックス 著 ; 宮本純之 訳

毒はなぜ"毒"なのか。右を向けば水道水中のトリハロメタン、左を向けばサリンなどの有毒ガス。化学物質にどっぷり肩まで浸かって生きる現代の文明人に捧げる"環境毒性学"の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-七面鳥、ピーナッツ、そしてがん
  • 1章 化学物質の理解のために
  • 2章 人間はどのようにして化学物質と接するのか
  • 3章 体内に入った化学物質はどうなるか
  • 4章 毒性学とはどのようなものか
  • 5章 作用が早く現れる毒性物質
  • 6章 作用の遅い毒性物質
  • 7章 がんを誘発する化学物質
  • 8章 発がんのメカニズム
  • 9章 化学物質の用量と反応の関係
  • 10章 リスクアセスメント 危険度をどのように決めるのか
  • 11章 リスクマネジメント リスクへどう対応するのか
  • 12章 われわれの進むべき道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危険は予測できるか! : 化学物質の毒性とヒューマンリスク
著作者等 Rodricks, Joseph V
宮本 純之
Rodricks J.V.
ロドリックス J.V.
書名ヨミ キケン ワ ヨソクデキルカ
書名別名 Calculated risks

Kiken wa yosokudekiruka
出版元 化学同人
刊行年月 1994.9
ページ数 406p
大きさ 20cm
ISBN 475980269X
NCID BN11233312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95048746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想