浄土系思想論

鈴木大拙 著

「此土」をして「浄土」たらしむるものは何か。禅者鈴木大拙師が「此争即浄土」という根本義に立って、浄土真宗の基本教義を明らめた、不朽の名著。待望の新装版出来。

「BOOKデータベース」より

本書に集められた論文すべて六篇は、著者が浄土系思想、殊に真宗系思想の一部に関して書いたもの。昭和14年から昭和16年までに執筆された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 真宗管見
  • 極楽と娑婆『無量寿経』を読みて
  • 浄土観・名号・禅
  • 浄土観続稿『浄土論註』を読みて
  • 他力の信心につきて『教行信証』を読みて
  • 我観浄土と名号

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 真宗管見
  • 極楽と娑婆-『無量寿経』を読みて
  • 浄土観・名号・禅
  • 浄土観続稿-『浄土論註』を読みて
  • 他力の信心につきて-『教行信証』を読みて
  • 我観浄土と名号(浄土論
  • 名号論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浄土系思想論
著作者等 鈴木 大拙
書名ヨミ ジョウドケイ シソウロン
書名別名 Jodokei shisoron
出版元 法蔵館
刊行年月 1978.4
版表示 第3版.
ページ数 372, 12p
大きさ 20cm
ISBN 483187115X
NCID BA44917592
BB02312526
BN01495924
BN06464983
BN06832737
BN11225540
BN1234564X
BN1324512X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78021308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想