インド綿業論

田中穣 著

[目次]

  • 目次
  • 著者序 / p1
  • 推薦のことば 呉羽紡社長 植場鉄三 / p3
  • 前篇 総論--インド綿業発達史--
  • 第一章 緒論 / p1
  • 第二章 幼年期(一八二〇~一八八五年) / p4
  • 第三章 少年期(一八八六~一九一五年) / p19
  • 第四章 青年期(一九一六~一九四〇年・両大戦間) / p32
  • 第五章 壮年期(一九四一~一九五五年・第二次大戦以降) / p55
  • 後篇 各論--インド綿業の重要諸問題--
  • 第一章 原綿 / p73
  • 第二章 生産 / p84
  • 第三章 労働力(労務事情) / p98
  • 第四章 賃金その他労働条件 / p109
  • 第五章 労働生産性 / p118
  • 第六章 綿糸布の原価構成 / p129
  • 第七章 綿製品の輸出 / p136
  • 第八章 綿製品の国内需要 / p148
  • 第九章 経営代理店制度(マネージング・エージェンシー・システム) / p158
  • 第十章 収益・経理事情 / p170
  • 第十一章 綿業の国民経済的地位と五カ年計画 / p182
  • 第十二章 インド綿業の国際競争力(結語に代えて) / p196
  • 付録統計 / 巻末
  • 索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 インド綿業論
著作者等 田中 穣
書名ヨミ インド メンギョウロン
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1958
ページ数 224p
大きさ 22cm
NCID BN11220015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58003644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想