メディアと差別

岡庭昇 著

筒井康隆断筆に便乗する俗論とマスコミ「差別用語」いいかえを共に撃ち問題の本質を提示する画期的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 表現に自由なんてない-筒井康隆断筆を手がかりに
  • 差別用語などというものはない-メディアと差別をめぐる考察
  • ジャップの復活-アジア的主体は可能か
  • ダイジョーブか憂国の志士-"像"によって現実を語る者
  • 闇から光を照らす-差別を逆転する主体とは
  • "市民"からの手紙-日常がはらむテロルについて
  • 虚無を撃つ娼婦たち-川端康成の"浅草もの"を読む
  • 第三次戦後処分としての「ことば狩り」狩り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと差別
著作者等 岡庭 昇
書名ヨミ メディア ト サベツ
出版元 解放出版社
刊行年月 1994.8
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 4759254080
NCID BN11206513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95040040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想