センスある日本語表現のために : 語感とは何か

中村明 著

「語感」ほど、誰もが確信を持ちながら、逆に普偏的な説明の困難な言葉も珍しい。感覚的な言語論を超えた語感の整理・分析は、いかに行なわれ得るのか。本書は、言語行動の三つの要素、つまり、表現主体である人間、評現対象である物事、そして表現手段であることばから語感を分類し、さらに、語彙体系の影響、言語的環境のバランス、語の用法や使用頻度などにも言及しながら、豊かな言語生活を楽しむヒントを提供するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ことばのひろがり
  • 2 語感とは何か
  • 3 類義語の意味関係
  • 4 表現者の影
  • 5 対象の照り返し
  • 6 ことばの体臭
  • 7 語感の環境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 センスある日本語表現のために : 語感とは何か
著作者等 中村 明
書名ヨミ センスアル ニホンゴ ヒョウゲン ノ タメニ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.8
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4121011996
NCID BN11200506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想