社会情報と情報環境

東京大学社会情報研究所 編

この本の情報

書名 社会情報と情報環境
著作者等 佐藤 卓己
吉見 俊哉
増田 祐司
大石 裕
小林 宏一
広井 脩
杉山 光信
東京大学社会情報研究所
桂 敬一
橋元 良明
水越 伸
浜田 純一
田崎 篤郎
福田 豊
花田 達朗
若林 直樹
菅井 勝雄
鈴木 裕久
阿部 潔
須藤 修
鶴木 真
書名ヨミ シャカイ ジョウホウ ト ジョウホウ カンキョウ
書名別名 Shakai joho to joho kankyo
出版元 東京大学社会情報研究所
刊行年月 1994.3
ページ数 470p
大きさ 22cm
NCID BN11199542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95012329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
EDIの概念と標準化レベル : 日本とアメリカのオンライン・ネットワーク 福田 豊
「情報政治学」への試論的考察 : 「新国際情報秩序論」と「新世界情報秩序論」を手掛かりとして 鶴木眞
テクノ・エコノミック・パラダイムとしての情報化 杉山 光信
ドイツにおけるメディア産業労働組合の結成とその背景 花田 達朗
企業の組織認識の変動とメディア・コミュニケーション : 環境認識枠組みの動態化としての企業情報化 若林 直樹
公共圏議論の今日的課題 : ハーバーマスの公共性議論の批判的検討にもとづく多元的公共圏把握の必要性を中心に 阿部 潔
地域情報化の現状と問題点 田崎 篤郎
情報化社会の儀礼秩序 : メディア・イベント研究序説 吉見 俊哉
情報政策論への視点 : 社会情報研究の一場面 浜田 純一
情報教育における学校文化の創造 菅井 勝雄
情報環境の変化とコミュニケーション関連能力の発達 橋元 良明
情報通信技術と新しい社会発展 須藤 修
放送の政治経済学 : ECの『Mac指令』改定過程が示唆するもの 小林 宏一
政治コミュニケーション論の視座転換 : 多次元的権力観の導入 大石 裕
日本におけるテレビ放送研究の系譜 : 「テレビジョン」特集と「放送学」構想にみる限界と有効性 水越 伸
日本の社会情報化の特色とジャーナリズムの課題 桂 敬一
現代「視覚メディア史」研究とその方法論的課題 : 「社会主義イコノグラフィー」論争を例に 佐藤 卓己
社会情報受容過程研究の当面の課題 鈴木 裕久
第三次産業革命の技術軌道 : 高度情報化社会の世界史的地平 増田 祐司
高度情報社会と電気通信システムの脆弱性 廣井脩
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想