ゲームのルール : 国際通貨制度安定への条件

ロナルド・I.マッキノン 著 ; 日本銀行「国際通貨問題」研究会 訳

1994年はブレトンウッズ体制50周年を記念する年となった。マッキノン教授は19世紀後半の金本位制から今日にいたる国際通貨制度の変遷を「ゲームのルール」として体系的に整理し七つの「ルールボックス」に類型化、混迷する国際通貨制度「安定への条件」を提示する。国際通貨・金融論を専攻する学者・研究者、大学生・大学院生金融機関の為替担当者など実務家として国際通貨問題に関心のあるすべての社会人、必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国際金本位制度 1979〜1913年
  • 2 1945年のブレトンウッズ 各国マクロ経済の自律性の希求
  • 3 「固定」ドル本位制 1950〜1970年
  • 4 変動ドル本位制 1973〜1984年
  • 5 ドル相場に関するプラザ=ルーブル介入合意 1985〜1992年
  • 6 EMS、マーシャル・プラン、および戦後のドル本位制-歴史的な謎の解明
  • 7 対称性とアンカールール 結語
  • ルールボックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲームのルール : 国際通貨制度安定への条件
著作者等 Mckinnon, Ronald I
日本銀行国際通貨問題研究会
マッキノン ロナルド・I.
書名ヨミ ゲーム ノ ルール
書名別名 The rules of the game
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1994.8
ページ数 181, 18p
大きさ 20cm
ISBN 4478210225
NCID BN11198415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94071760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想