周縁の古代史 : 王権と性・子ども・境界

小林茂文 著

権力や天皇制を、その周縁にある女性の存在、境界の位置から逆照射して、日本の原像を明らかにする。「妹の力」「子ども」「境界」の原理を視座に、古代史の読みかえを図る、大胆にして着実な著者初めての意欲的論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 原理の古代史へ1 妹の力・婚姻・子ども(斎王の原像と制度
  • 〓・殯・王位継承
  • 古代婚姻儀礼の周辺
  • 古代子ども論序説)
  • 2 境界の風景と祭祀(古代の市の景観
  • 古代の都城における境界
  • 境界領域にみる古墳と死)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周縁の古代史 : 王権と性・子ども・境界
著作者等 小林 茂文
書名ヨミ シュウエン ノ コダイシ
書名別名 Shuen no kodaishi
出版元 有精堂
刊行年月 1994.7
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 4640310528
NCID BN11186813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94065296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想