労働時間・所有・計画 : その社会科学的分析の核心問題

水木章子 編著

[目次]

  • 1 マルクス価値論の曲解(マルクス労働時間論の「ペレストロイカ」
  • マルクス「労働の二重性」論の破砕)
  • 2 擬似資本主義化政策(所有形態の多様化について
  • レーニンの「新経済政策<ネップ>」をめぐって
  • 「代議員制ソビエト」への変質
  • 社会主義的プルーラリズムなるもの)
  • 3 ハンガリー経済とコルナイ理論(カダルのハンガリー
  • ハンガリーの経済改革
  • 「不足の経済学」者に不足しているもの
  • ヤーノシュ・コルナイの転向
  • ポーランドの社会民主主義的変態
  • 「フォーラム型革命」の幻影)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働時間・所有・計画 : その社会科学的分析の核心問題
著作者等 水木 章子
書名ヨミ ロウドウ ジカン ショユウ ケイカク
出版元 こぶし書房
刊行年月 1994.7
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4875590776
NCID BN11168800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94065442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想