佐々木導誉

森茂暁 著

佐々木導誉(高氏)は佐々木氏の庶流京極家の出で、近江に本拠を据え、初め北条高時に仕えたが、南北朝動乱期に活躍し、足利尊氏を補佐して幕府の基礎固めに尽力した。多くの国の守護を兼ね、旧来の権威を軽視する「ばさら大名」の典型とされた反面、芸能・文芸に堪能な風流の武将であった。文武両道に秀でた魅力的な風雲児の生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 父祖の足跡
  • 2 導誉登場
  • 3 動乱のうずの中へ
  • 4 武家権勢導誉法師
  • 5 領国・所領の支配と被官
  • 6 導誉の家族
  • 7 「ばさら」と文芸
  • 8 導誉の晩年
  • 佐々木氏略系図
  • 諸氏略系図(足利一門・二階堂・赤松・御子左)
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 佐々木導誉
著作者等 森 茂暁
書名ヨミ ササキ ドウヨ
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.9
版表示 〔新装版〕
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 4642052011
NCID BN11166838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94071594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想