核内レセプターと情報伝達

加藤茂明 著

本書では、cDNAクローニング成功以後の核内レセプター研究を、分子生物学的視点からわかりやすく解説するとともに、今後の展開を大胆に予想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 核内レセプターを介する情報伝達とは何か
  • 2 核内レセプタータンパクの分子解剖
  • 3 核内レセプターによる転写制御のメカニズム
  • 4 ビタミンAはビタミンか
  • 5 核内レセプターと病気
  • 6 核内レセプターとドラッグデザイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核内レセプターと情報伝達
著作者等 加藤 茂明
書名ヨミ カクナイ レセプター ト ジョウホウ デンタツ
書名別名 Kakunai reseputa to joho dentatsu
シリーズ名 実験医学バイオサイエンス 16
出版元 羊土社
刊行年月 1994.8
ページ数 125p
大きさ 21cm
ISBN 4897063086
NCID BN11166383
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94068670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想