今森光彦世界昆虫記

今森光彦 著

世界最高峰の昆虫写真集。20年におよぶ取材期間。地球上の辺境を踏破した精力的な撮影行。厖大なフィルムから厳選された1300点。驚異の"昆虫たちの生態"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青い島々 東南アジア‐群島(妖花の誕生 世界最大の花・ラフレシアの開化
  • 嘘のにおい 受粉のしくみ
  • 熱帯のクリスマスツリー ホタルの集団発光
  • 蝶の谷 チョウの吸水 ほか)
  • 進化の森 東南アジア‐半島(花びらの散歩 ハナカマキリ
  • 虫になった葉 コノハムシ
  • 葉を食べる葉 緑の葉に似た虫
  • 落ち葉隠れ 枯れ葉に似た虫 ほか)
  • 豊潤な小島 日本(北国に生きる 北海道のチョウ
  • 無人島の大騒動 トノサマバッタの大発生
  • 助けを求める隣人 滅びゆく昆虫
  • 人里の自然 虫のすむ環境 ほか)
  • 原色の楽園 中央アメリカ(森へつづく緑の道 ハキリアリ
  • 樹上の仕事 葉を切るハキリアリ
  • マッシュルームの家 ハキリアリの巣
  • キノコ栽培 ハキリアキの巣の内部 ほか)
  • 大河のほとり 南アメリカ(水に浮かぶ花の宿 オオオニバスの受粉
  • 自慢大会 巨大昆虫をもつ子どもたち
  • 巨大ギネスブック 世世最大の昆虫
  • どちらが前かわからない 頭部をはぐらかす虫 ほか)
  • 拓かれた自然 北アメリカ(身近な自然を味わう ケンタッキーの郊外で出会った虫
  • 葉のオブジェ アメリカソロヒトリの幼虫の集団食事行動
  • 17年目のやかましい夏 17年ゼミの大発生
  • オオカミになったヒツジ ハワイの肉食シャクトリムシ)
  • 光につつまれた村 ヨーロッパ(地中海の香り 南フランスの夏の虫
  • 昆虫の詩人 ジャン・アンノ・ファーブルを訪ねて
  • 本の形をした標本箱 ジェームス・トムソン氏の秘蔵品)
  • 苛酷なサバンナ 東アフリカ(球をつくる天才 スカラベのフンボールづくり
  • フンがとりもつ縁 ウエディングボール
  • 地下の育児室 スカラベの成長 ほか)
  • 熱い砂漠 西アフリカ(100億匹の大移動 サバクワタリバッタの幼虫
  • ユートピアへの旅 サハラ砂漠をわたるサバクワタリバッタ
  • アフリカが滅びる! 人間対サバクワタリバッタ
  • 乾燥した砂漠地帯に生きる)
  • 孤立した大地 マダガスカル(喜怒哀楽 スカラヤママユガの目玉模様
  • こだわりの衣装 美しいガ
  • 銀色のゆりかご マダガスカルオナガヤママユガ ほか)
  • 岩と森の大陸 オセアニア(ハケアの花の下で ハンマーオーキッドツチバチの交尾
  • 貴婦人たちのたくらみ ドラゴンヘッドオーキッドの受粉
  • 美女の誘惑 スパイダーオーキッドとハエ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今森光彦世界昆虫記
著作者等 今森 光彦
書名ヨミ イマモリ ミツヒコ セカイ コンチュウキ
書名別名 Imamori mitsuhiko sekai konchuki
出版元 福音館書店
刊行年月 1994.4
ページ数 333p
大きさ 32cm
ISBN 4834001792
NCID BN11153257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94041827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想