現代情念論

中村雄二郎 [著]

人間の非合理的、無意識的機能としての感情=情念が、いかに現代社会を動かしているのか。第一編「社会化された情念」では、合理主義文明のなかでなぜファシズムがむき出しの力を振るうのかを考察し、現代人の心の深層をフロイト、ユングの理論で分析。第二編「伝統とナショナリズム」では日本的心情としての天皇制に論及する。論壇第一線での注目すべき労作も収録した中村哲学の原点をなす必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 社会化された情念
  • 第2編 伝統とナショナリズム
  • 第3編 情念と美と政治をめぐる問題
  • 第4編 批判とドラマにおける情念
  • 第5編 情念・制度・パトスの知

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代情念論
著作者等 中村 雄二郎
書名ヨミ ゲンダイ ジョウネン ロン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.8
ページ数 407p
大きさ 15cm
ISBN 4061591398
NCID BN11152924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94069840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想